断熱性と気密性にこだわりました。

新築の戸建てマイホームを建てるときに、最初にこだわったのはキッチンやバスルームなどの水回りの設備や床の色などのインテリアでした。目につくところに夢を持っていました。その後、建築会社を選定する内に各会社の方に自社の強みの話を聞く中で「断熱性能」や「気密性」という言葉が挙がっていることに気が付きました。家の断熱や気密の性能を上げると光熱費の節約になる上に今多いヒートショックなども防ぐことが可能であると教えてもらいました。また、アレルギーなども改善する例が多くみられるそうです。断熱性能の高い家に住むとエアコン1台で空調が賄えるなどとの説明もありました。確かに私の実家の日本家屋はいつも寒いです。建築会社の方のアドバイスを元にマイホームの断熱材やサッシにこだわりました。家の開口部であるサッシによって気密性は大きく変わるそうです。その結果、本当に光熱費が安い家が完成したと思います。我が家の隙間は、ほとんどないようです。真冬でも真夏でもリビングのエアコンしか使っていないです。断熱や気密に関しては、サッシや断熱材に追加費用が必要でしたが、インテリアと違い住み始めてから変更することは、とても難しいので建築する時にこだわってよかったと思います。一生物のマイホームになりました。